2018年06月27日

中小企業の電子申告義務化?

いよいよオンライン化法からの脱皮
 現行租税法体系には電子申告の規定がなく、税の申告手続きに於ける電子申告の根拠法令は、行政手続法の特別法としての行政手続オンライン化法であり、実態としては、それからの委任による、国税オンライン化省令、さらには国税庁長官告示になっています。租税法体系の条文が事実上修正・変更されています。
本年改正法人税法に突然出てきた大企業の電子申告義務化は、電子申告規定を租税法体系の中に組み込み直す第一手と思われます。大企業限定と、扱いが措置法的でありながら、法人税法本法の規定となっていることからして、いずれ大企業限定を外すこと、そして、法人のみならず個人課税の分野にも拡大することが予定されているからとしか思われません。

もともと問題あり、疑問ありだった
 もともと、わずか全12条の行政手続オンライン化法による、制限不明な省令への委任での現行電子申告制度が租税法律主義の法体系と矛盾していないか、法治国家の法体系のあり方として不適切ではないか、ということについて、当初から、そして国税内部からも疑問が呈されていました。
 電子申告開始後、概ね10年が経過するところで、この問題の解決に本格的に取り組み始めたのだと、推測されます。

サプライズは大企業止まり
 しかし、書面で申告書を提出しても無申告扱いとなる、というサプライズな電子申告義務化規定が、中小企業を含む全法人に、さらには個人の申告に、適用されるとなると、これが租税法律主義の手続的保障原則および行政手続上の国民主権原理に反していないか、との厳格な吟味を求められることになるのは避けられません。
 今のままでは、訴訟が開始されることになり、法律の規定が憲法違反と判決されるのは不可避だからです。

あるべき誘導措置の在り方
 電子申告は、行政内部の省力化の為の絶大な切り札であることは確かなので、国民にその方向での協力を求め、その協力には、税制特例の適用の恩恵を与える、という誘導優遇措置は認められるところです。
 青色申告者に与えられていた従来制度上の特典のあり方が参考になります。ペナルティを課すというのは行き過ぎです。


dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 16:32| Comment(0) | 日記

2018年06月22日

ワールドカップですね

どうも、広報です。

サッカーワールドカップも盛り上がっておりますね。
わたくしは中学時代サッカー部に所属していた事もあり、
大変興味深く観戦しております。
(こう書くと「にわか」め! と思われないハズ!!)

しかしなぁ……。午前3時キックオフはダメですね。
録画して見るかって言われると、そこまでして見るのもなって感じでして。
ブラジル戦とかアルゼンチン戦とか、ここまでいいカードがその時間帯なんですよね。
スペインポルトガルはがんばって前半は見ました。見て良かったです。
そして夢の中で後半は見ました。

尚、弊社には割とサッカー好きな職員がおりますので、
お客様の中でもサッカー好きがいらっしゃいましたら、
一度話題を振ってみると、盛り上がるかもしれません。
サッカー好きの皆さま、睡眠不足にはご注意くださいね!


業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 16:47| Comment(0) | 日記

2018年06月15日

6/21 IN STORES THE BLIND SWORDSMAN〜侠

弊社関与先様であります、ラッツパックレコード様からのお知らせです。

“侠(おとこ)” 勝新太郎をテーマとした、
大胆で豪快な 「ニッポンのミュージック」

勝新太郎+佐藤允彦+井上堯之
東京キューバンボーイズ+福居典美+御諏訪太鼓
東洋そのものでもない、 西洋そのものでもない、
不思議だが格好いい 『ニッポンのミュージック』
心の底で感じる、自分たちの音!

勝新太郎が遺した未発表音源のコンガをベースに、
ジャズ・ピアノの巨匠・佐藤允彦が書き下ろした
「THE BLIND SWORDSMAN」を収録。

THE BLIND SWORDSMAN〜侠 は、2018.6.21発売予定です。
詳しくはラッツパックレコード様のWebサイトをご覧ください。
http://www.ratspack.com/catalog/ratspack-eyes/RPES-4863.php

posted by MMIスタッフ at 14:35| Comment(0) | 日記