2017年02月16日

ふるさと納税を確定申告した時によくある質問

はいどうも、お久しぶりにふるさと納税関連の事を書きます。
結構電話やメールで確定申告について聞かれるんですよね。
まとめとけば、きっと誰かの役に立つはずだ。

関連するトピック
住宅ローン控除がある場合の計算の見方
給与収入以外を無理やり計算する方法(記事中ごろから)
確定申告すると戻る金額が悪くなる現象の解説(所得税率の低下)

Q.ワンストップ特例申請を去年したんだけど、確定申告する必要が出てしまった。ふるさと納税はワンストップ特例で申請したから、確定申告で出さなくて良い?
A.ダメです。

確定申告するとワンストップ特例が自動的に取り消されます。取り消し理由書とかが郵送されてくるので割とビビります。必ず確定申告で、ふるさと納税も一緒に申告してください。

Q.確定申告したら還付金が4万寄附したのに4,000円だけだった。何だこれ詐欺か!
A.いやいや、そんなモンです。

ふるさと納税の税額の軽減は、所得税だけでなく住民税でも行われます。
所得税が減るのは(寄付額-2,000円)×所得税率(+復興特別所得税)分だけですから、
還付される額が少ないんですよね。今年の6月からの住民税から軽減が行われますので、
住民税の決定通知書が届くまで待ちましょう。

Q.所得税だけでなく、住民税も減るなら「住民税の確定申告」ってしなきゃダメ?
A.まとめて申告できるようになってるからしなくていいよ

所得税の確定申告書には「住民税に関する事項」というものが第2表にあります。
「寄付金税額控除」→「都道府県・市区町村民分」にふるさと納税の全額(2,000円引かない金額)を書いて申告すれば、税務署がお住まいの役所に「この人これだけふるさと納税してますよ」と伝えてくれます。

Q.国税庁の確定申告作成コーナーってサイトで、インターネットで申告できるの?
A.マイナンバーカードとカードリーダーがあればできますよ

マイナンバーの数字だけだと電子申告はできません。所定の手続きを経て、プラスチックのマイナンバーカードを入手した時に「電子証明書」の情報も一緒に入れてくれるんで、マイナンバーカードがあると、電子的な申告ができるようになります。

ただ、インターネットで申告しなくても、国税庁の確定申告作成コーナーサイトで、紙の申告書は簡単に作れるようにしてくれてるんで、ご自宅にプリンターとかあれば、提出用と控用の2部を税務署に郵送、返信用封筒も入れておけば、控用にハンコ押して返送してくれるんで、税務署に行かなくても確定申告はできますよー。

国税庁 確定申告書等作成コーナー
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm

Q.税務署に行って相談係の人に聞いたんだが、ふるさと納税の事をあんまり答えてくれない。
A.あー、何だ、当たった人が悪かったかもしれない。

基本的に確定申告期間中、税務署は「空前絶後ノォォォォ!!」ってくらいに忙しいです。
ふるさと納税は、各種税制や税額・税率なんかが作用して、実は微妙な解説って結構難しいんですよ。
限られた時間の中で、みなさんのご質問にお答えしなければならない立場であるので、
微に入り細を穿つ解説が、なかなかできないものだと思います。
そもそも控除が所得税と住民税にまたがるので「国税」が管轄である税務署の方が、ふるさと納税の全体像を理解していらっしゃるかと言えば、中々難しいものです。

細かい疑問は我々税理士法人や、ふるさと納税制度を熱心にやっていらっしゃる自治体様に聞いた方が良いかもしれません。「餅は餅屋」じゃないですが、「ふるさと納税!」って声高に言ってるヤツらの方が、相談するにはふさわしい団体かもしれませんね。

あと、期間中はあまりの多忙さに混乱して「住宅ローン控除で所得税引ききっちゃうから医療費控除確定申告しなくていいよー」(実際はまだ残っている住民税で控除が行われるので、所得税確定申告を出しても処理はされます。もちろん住民税の確定申告をしても良い)とか言ってくるわけわかんない人もいるようです。
税法は非常に複雑で、多岐に渡っていますので、本当に個人で極めるのは困難です。税に関しては一時期流行した「セカンドオピニオン」も視野に入れて下さい。我々を含め、無料で相談に乗る団体は割といます。

Q.確定申告時期にどうやら申告ができそうもない。怒られる?
A.還付されるフレンズなら大丈夫だよ!やったー!

あくまで、「確定申告で納付する税金が発生しない」場合のお話しなんでご注意ください。確定申告で還付申告をする場合は、遡って5年間は申告が可能です。でもまぁ、忘れない内に申告した方がいいとは思いますが。
あと、申告時期が遅いと今年の6月に来る「住民税の決定変更通知書」に、ふるさと納税が反映されない事があります。後で変更通知書が来る感じで、その月からふるさと納税分の税金の減額が始まる感じになるらしいです。

んで、納付の場合は延滞税をしっかり取られるので、間に合わないとか無いようにしましょう。

Q.何かおかしい、、不安だ
A.申告しちゃっても、後でも訂正できるから!

税額が増える場合:修正申告
税額が減る場合:更正の請求


という手続きを行う事が可能です。修正申告の場合は延滞税取られちゃうけど。
更正の請求はやっぱり5年以内は申請可能なので、「申告書を出してしまった。二度と戻らない金がある。お前の人生はいつもそうだ。誰もお前を愛さない」等、自分を責める必要はありません。



当然我らが税理士法人エムエムアイも、有料ですが確定申告書作成や提出業務もやっております。
いやほんと凄い労力使うくらいなら我々にお任せいただいた方が得な場合もホントに多いですから。
何か分からない事があったら、お気軽にご相談下さいね。


ふるさと納税係 天野正也
posted by MMIスタッフ at 17:32| Comment(0) | ふるさと納税

2016年06月20日

住民税の税額決定・納税通知書、いわゆる住民税の決定通知書からふるさと納税を確認する方法

2019.6.26に追記した内容があります。

まずはいつものリンクからです。
控除シミュレーションに関してのまとめは

そろそろ年末なので、ふるさと納税の控除計算シミュレーションについて解説するよ!(基本編)
新年度になってからまとめたふるさと納税の話

をご覧ください。

関連するトピックまとめ
給与収入以外に収入があって無理やりシミュレーションで計算する方法
「実際の税の軽減額を計算」で2,000円では済まない(住宅ローンのせいではないレアケース版)
住宅ローンがある場合のふるさと納税の計算


さて、今回は最近配られた市区町村民税・都道府県民税の決定変更通知書から、

「ふるさと納税で一体いくら引かれているのか分からない!」

という、嗚咽混じりのご相談が多いので、ここでも解説しておこうと思います。

「ふるさと納税」の年間スケジュール

2015年内に寄附をしたもの

【ワンストップ特例を使った場合】
2016年の6月からの住民税が減る
【確定申告をした場合】
2016年3月あたりに確定申告をすると、
納付額が減るor還付される+2016年の6月からの住民税が減る

ここまではよろしいですか?
基本的な部分でございますね。

じゃあ、どこに載るのか、という事なんですが、
我が品川区は、簡単に住民税の決定通知書がダウンロードできなかったので、
お隣の優等生、世田谷区様の住民税決定通知書をダウンロードしてきました。

世田谷区の住民税の決定通知書がDLできるところはこちら

kettei3.jpg

クリックでたぶん大きくなります。
これが全景となりますが、では、ふるさと納税で引かれる金額はどこに書いてあるのか、
というと、、、

kettei2.jpg

ここになります。でも、注意があって、

世田谷区様は超金持ち人口が多いだけあって、
税額控除等の説明が超細かい、普通徴収用決定通知書になっています。


あのね、普通の給与収入の人のは、こんなに細かく書かないのよ、
税額控除なんてまとめてひとくくりに書いてあるモンですわ普通は。

(上記あたりは2016.10.31に現実に即した記載に変更してます)

なんで、ここの表では
C調整控除額
とかと一緒に、ふるさと納税で引かれるべき税額である
F寄附金税額控除額
が載っている自治体が大変多いです。

いちいち「あなたはこれだけ寄附したからこんだけ引いてます」
みたいに書いてくれる自治体もあるようですが。


上の方はなんぞ? という解説

さて、みなさんは「収入・所得・控除」に聞き覚えありますよね?
「ふるさと納税だって控除でしょ? じゃあ所得控除に書いて無いのおかしくない?」
って思いますよね?

よく、見てください。

kettei1.jpg

住民税の所得控除の「寄付金控除」って欄が無いんです。

この辺がみなさんひっかかるところでして、
所得税は「儲け」から差し引いて良い「所得控除」しましょうというルールなんですが、
住民税は、ふるさと納税の控除を所得から差し引かず、計算値によって出た額面を、
そのまま税額から引くので所得控除の欄に項目が無いんです。

実際にふるさとチョイス様の控除額計算シミュレーションにも、
寄附金控除の項目、無いですよね?
住民税所得割額(調整控除等をする前)の計算には、
寄附金控除を含めて計算しないから、ふるさと納税以外の寄付金控除を計算に入れないで、
(ただしふるさと納税・その他の寄附を含めた寄附額が
所得30%を超えないのが条件となります。莫大な額になるんでほとんど無視して良い)
計算する方が正しい、という事になるのです。


答え合わせする方法

給与収入のみの方で説明させていただきます。

1.控除上限を計算する
kettei1.jpg
こっち側の「給与収入」と、「所得控除内訳」から、数値を引っ張ってきます。
ふるさとチョイス様のシミュレーションであれば、
控除額に所得税・住民税差のある控除、を派手な差異が出ないように作ってありますので、
だいたいこの金額で入力して大丈夫です。

2.ふるさとチョイス上の「続けて実際の税の軽減額を計算」を入力。
去年の寄附額を入力してみると、所得税・住民税の軽減額を見ましょう。
(尚、切り捨て切り上げの関係で、細かい金額は出ません)
【ワンストップ特例を使用している場合】
所得税・住民税の軽減額はすべて住民税に足されて軽減されます。
【確定申告している場合】
先に所得税の軽減は確定申告にて行われています。
住民税のみの金額が、寄付金税額控除に載っています。

※だいたいのご家庭は調整控除が市区町村1,500円・都道府県1,000円となっています。
訂正:そうでもないかも。参考「みよし市調整控除について」
合算して調整控除されてる場合は、引き算する必要があります。
(一部異なる自治体もありますあと、市区町村と都道府県逆だったかも)


答え合わせして変だったケース

さて、ここで「あれ、わたしの控除額が何か変だ!」というケースを
ご紹介いたします。


○税額控除の金額がなんかやたら高い

これは、住宅ローン控除を併用してる場合に起こるケースです。
上の画像で、E住宅借入金等特別控除額ってなってるのが
合わさって記載されてる場合があるです。
ここに金額が入るケースは、所得税をすべて住宅ローンで引ききっていて、
かわりに住民税も引いてくれる、というものです。
住宅ローンのみ引かれてたら、ちょっとおかしい、という事になりますので、
所得税から引かれる額、それから住民税から引かれる額を計算する必要があります。

○税額控除の金額がやたら低い
これは色々なケースが考えられます。

1.控除上限金額を超えて寄付をしていた
上記の「答え合わせをする方法」で控除上限金額を確認しましょう。
2,000円で済む控除上限を超えていたら、そりゃ控除額は低いです。
自業自得パターンですね。

2.申告方法に何らかの間違いがあった
結構あります。ワンストップ特例を使用するつもりで、
「何にもしないでいいんでしょ?」っと放置してたり、
(特例申請書を寄附した自治体ごとに出す必要がある)
確定申告するつもりがしてなかった、
2表の記入すべき部分.jpg
ここに記載し忘れて、住民税への反映がされなかった、等です。

この場合は、「税納め過ぎちゃう!直して!」という
「更正の請求」という手続きが必要になります。

3.自治体・税務署・もしくは税理士のミス

これも結構あります。しかるべき手続きをしているのに、
住民税が減額されない、という事が。

確定申告書で言うと、紙ベースでの記載については、
そのあとその情報が自治体に行き、手打ちでデータインプットされる訳です。
やってるのが人間でありますから、失敗しちゃう事だってありますよ。
この可能性がある場合は、すみやかに確定申告書・住民税の決定通知書をお持ちになり、
お住まいの自治体の役場にお問い合わせください。

4.住民税の減額計算が税法上どうしてもうまくいかないパターンだった(2019.6.26追記)
ややこしい問題なのですが、ごく稀に住民税側の計算をする上で、自己負担が2,000円で済まないケースがあります。詳細は別エントリーで書きましたので下記リンクをご参照。
http://mmi-kaikei.sblo.jp/article/185666991.html


ちなみに今年、電話やメールの受付で

上記全パターンの発覚がありました。

確認は大切ですが、決定通知書が不親切な場合も結構ございます。
電話やメールでお問い合わせいただければ、答え合わせもやってますので、
お気軽にどうぞー。


業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 17:08| Comment(0) | ふるさと納税

2016年03月18日

新年度も近いしふるさと納税のよくある質問をまとめるよ!

どうも、ふるさと納税係です。

最近は確定申告の期限も過ぎまして、ぼつぼつあった確定申告に関する質問も
ひと段落してきました。
さて、今年のふるさと納税に向けて、準備をはじめましょう。

控除シミュレーションに関してのまとめは

そろそろ年末なので、ふるさと納税の控除計算シミュレーションについて解説するよ!(基本編)

をご覧ください。

関連するトピックまとめ
給与収入以外に収入があって無理やりシミュレーションで計算する方法
「実際の税の軽減額を計算」で2,000円では済まない(住宅ローンのせいではないレアケース版)
住宅ローンがある場合のふるさと納税の計算


ふるさと納税についてよくある質問
ちょっと複雑な質問(難易度:★★★)


Q.今年の自己負担2,000円で済む控除上限額が知りたい!

A.無理です。

本年のふるさと納税が2,000円の自己負担で済む上限は、
今年の収入・所得・控除によって計算されます。
つまり、今年産休育休取ったり会社潰れたり医療費控除がたくさん出たりすれば、
控除上限金額が下がるのです。

お勧めは、年の途中は去年の計算で出た金額の
半分とか2/3とかを使用して、年の終わりに状況で再計算、
残りを使っていただく方法です。


Q.今年、土地を売る予定なんだけど、ふるさと納税の控除って使える?

A.使えるけど、ごめんなさい。ウチでは詳細な計算をしてません。

非常に難解な計算になっとりまして、詳細な計算は有償で承っております。

【ちょっと難しい話なので読み飛ばしても良い】
「有償で良いのでお願いします」というご依頼がありまして、
計算したんですが、
分離課税と総合課税がある場合、総合課税の税率で還付の計算をする、
というルールがあり、分離課税分の所得が多い場合、所得控除の結果
総合課税分の税率がダダ下がりになって、自己負担が結構増えるという事もありました。
結果経済的利益が少なくなったり、さらに一時所得換算となって課税が発生したり、
まあまあ弊社に依頼いただいた執務料金込みで考えても何とかお得になった訳ですが、
意外と困難が伴います。


大まかな計算ですと、分離課税にかかる住民税の2割程度は
ふるさと納税に使っても上限以内となるようです。
(ただし、所得税率が下がれば自己負担が2,000円では済まなくなります)

Q.株で利益が出る予定なんだけど、これもふるさと納税に?

A.使えますが、上記と同じ分離課税になりますので(略

尚、株式口座を「特定口座源泉徴収あり」でやっている場合、
その口座の儲けを確定申告で申告しないと、ふるさと納税に使えません。
ただし、配偶者(収入ゼロ)の口座だったり、
国民健康保険加入者だったり、
住宅ローン控除を使っていて、株の儲けを合わせちゃうと所得が3,000万円を超えちゃったりすると、
デメリットが発生しますので、良く考えてやった方がいいです。

Q.税務署で確定申告したら、所得税の所得控除によって還付された金額が少なかった

A.住民税でも減りますし、源泉徴収されている金額が少ない可能性もあります

まず、良くあるのが「所得税だけでなく、住民税からも引かれる」のを忘れているパターン。
寄付した翌年の6月から一年間、住民税から税の軽減があります。
所得税の所得控除になるはずなのに、納税しなきゃいけない! というパターンも。
給与2か所からもらってたりすると、収入の少ない方は源泉徴収で
「ああこれで1年分だから税これだけね」と引かれてるもんでして、
合計すると税率が跳ね上がり、確定申告時に納税になるケースがあります。
この場合は、納める税金は、ふるさと納税によって減っています。

「じゃあ確定申告したら損じゃん?やらないでいい?」

いいえ、答えはノーです。
申告しないでいて、バレたら余計に税金を払うハメになりますからね。

Q.ふるさと納税の上限計算の式を教えて!

A.言って簡単に計算できる式ならシミュレーションは無くてよいのです

個人住民税所得割額×20%÷(90%−所得税率×1.021)+2千円=控除上限

です。これで分かるようならむしろ個人の確定申告を税理士にお願いする必要はないです。
結局「個人住民税所得割額」を計算するために各種収入・所得・控除を計算する必要があります。

なお、計算式等を超詳しく載せているサイト様があります。

北海道 ふるさと納税の限度額の具体的な計算方法

お電話でいただいた相談でも、こちらをご紹介させていただいております。
マジで北海道の総務部税務課のふるさと納税担当の方は、税法や計算に精通しておられます。
だいたいわたしのせいでアクセスがとんでもない事になってるかもですが、
本当に、地方への寄付に貢献しておられるので、頭が下がる思いです。
面識も何も無いですが、お互いふるさと納税の普及にがんばりたいですね、
と一方的に思っております(笑)

Q.なんかいっぱい寄付すると一時所得になるの?

A.なりますなります。

一時所得の金額の合計が50万円を超えた場合、超えた分の1/2が所得として
カウントされますので、課税が発生します。
他に一時所得が無い前提で、ふるさと納税の「お礼の品の価値」が50万円を超えた分だけ
1/2が所得に入る、ですからそんなに超増税される訳ではないのですが、、
(ただし復興特別税・住民税も課税されます)

この「お礼の品の価値」ってのがやっかいで、
総務省の指導により、サイト等に「●●円相当のブツ」といった、
利得にフォーカスした表現を出すのは控えるようになっています。

よって「お礼の品の価値」は発送自治体に尋ねなければなりません。
何十件もやったら、、、それだけ聞きまくらないとダメって事ですね。
(わからない、教えてくれない場合は市場価格を参考にして良いとの事です)

【ちょっと難しい話】
弊社としては、お礼の品は法人の広告宣伝のための景品に該当すると判断しています。
景品を個人に出す際には、法人側は源泉徴収しないとならないのですが、
その場合、商品を評価する際には販売価格の60%で評価します(商品券等は券面額)。
よって一時所得としての商品価額も、販売価格の60%で計算して良いのではないかという見解です。
参考:国税庁タックスアンサー No.2813 広告宣伝のために支払う賞金等


Q.どうしても欲しいものがあるんだけど、控除上限金額を超えてしまう。

A.やってもいいけど、市販もしてるならちょっと考えた方がいいかも。

ふるさと納税のみでもらえるお礼の品、とかも最近はあるんで、
一概には言えませんが、、、


【例】控除上限金額が12万円くらいの人が20万円寄付でもらえる品がどうしても欲しい場合

20万円寄付すると……所得税 約40,400円 住民税 約102,300円の軽減

つまり……57,300円の自己負担

控除上限を超えた場合でも、
所得税の所得控除と住民税の寄付金税額控除本則分は軽減されます。
(各控除には所得の40%・30%という上限があるのでそこまで、ではあります)

ようするにその品物の価値が6万円以上あればお得感はあるんですが、
ちょっと待ってください。

その12万円を肉やら野菜やら魚やら米やらを2,000円で獲得できたとしたら、
そっちの方が経済的利益ありませんか?!


つまり、その浮いたお金で欲しいものを市販で買った方がお得、
というケースも考えられます。
ふるさと納税でしかもらえないレアものでしたら、当然当てはまりませんが。

控除上限を超える寄付については、別に控除があんまりされないだけで、
罰則等はございません。
自治体に思い入れがあるとか、どうしても欲しいものがあるとか、
活動を応援したいとか。そういった場合は、むしろバンバン寄付しちゃって良いのです。
むしろこのふるさと納税制度は寄付文化を根付かせる目的があったはずなので、
そういう人が増えてくれると、総務省の中の人も、にやにやできるはずです。
ただし、自己負担が増えるから、その点はご承知を。

Q.なんか、確定申告書の数字でシミュレーションしようとしたら社会保険とか書いてないんだけど?

A.ふるさと納税用確定申告用紙Aにはちょっと問題があるんです。

いや、せっかく国税庁様がふるさと納税の人のためにつくってくれたのを悪く言うのも何だけど、
確定申告のAって、所得控除をある程度まとめて合計に記載していいよって事になってるんですが、
弊社監修のシミュレーションに数値入れようとするとすっごい面倒なんですよね。
住民税差がある控除は加味しないと、数字がちょっと狂っちゃう恐れもあるんで、
省略形式の申告はオススメしません。後で困ります。

一応源泉徴収票と見比べて、各項目バラして入れていただければ問題ないです。
源泉徴収票は提出しちゃってると思うので、会社から取り寄せて下さい。。

シミュレーション上では「社会保険料の金額」に確定申告書Aの
「6から15までの計」に書かれてる数字から、
「基礎控除・配偶者(特別)控除・扶養控除・勤労学生障害者控除」を引いた数字を
入れていただければ、まぁそんなにズレた金額にはならないはずです。
ね? これ引くのだって結構労力だから、申告時にはちゃんと控除は
バラして書いておいた方がいいんですよ。


とまぁ、今回はこんな感じで。
またたまったら書きます。

それから、ふるさと納税のご相談に関しては、
電話で無料でお答えしてます。
(有償になる部分はちゃんと断って、
お金をもらってからやってるので安心してください。)

03-3778-2202
平日10時〜12時 13時〜15時

何か分からない事があった時は、お気軽にお問い合わせくださいー。


業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 09:00| Comment(0) | ふるさと納税