2022年07月26日

子の口座への入金は誰からの贈与?

 かわいい子には、たくさんお金をあげたいものですが、子供の将来の生活を思って、早めに資金移動を考えることがあります。相続の際、子を遺産分割争いに巻き込みたくない気持ちも働くかもしれません。

名義預金の帰属
 子の名義で預金口座を別に作って、少しずつ貯金しておくことも一つの方法です。
 未成年の子に、新たに預金口座を開設して母親に現金を渡し、その口座に子の将来のための資金を振り込むよう指示していた場合、被相続人からの贈与は贈与財産か相続財産かが問題になることがあります。
 このような場合は、贈与書面を作成しておき、預金通帳、印鑑を被相続人から託されていれば、贈与財産として認められるものと思われます。
 なお、子が成人したときは、通帳と印鑑は子に引き渡すことが肝要です。成人の後は、贈与していた預金を子の管理のもとにおくことが本来の姿といえます。

贈与契約書を作成する。
 民法では、贈与書面がなくても贈与の意思表示と受諾があれば贈与契約は成立していますが、税務の場面では、預金の原資を誰が負担しているか、管理・運用はどのように行われているか、利息は誰に帰属しているか、被相続人と管理者、名義人との関係などから実質的に贈与契約が成立していたかなどが総合的に判断されます。そして贈与契約の存在を説明するため、贈与契約書面を作成し、申告書の添付が必要です。

相続財産となる場合
 反対に、贈与書面がなく、預金通帳、印鑑は被相続人が保管したままで、基礎控除を超える額について贈与税の申告も行っていないとしたら、預金に預け入れた資金は相続財産とされます。相続税が課されるばかりか、遺産分割協議によっては、財産の帰属先も不確定なものとなるかもしれません。

定期の贈与に注意!
 その年の1月1日から12月31日までの間の1年間に贈与を受けた財産の合計額から基礎控除110万円を控除した残額に贈与税が課税されます。110万円以下であれば、申告手続きは不要となります。
 なお、毎年、定額を贈与する場合、複数年の贈与にまたがる贈与契約書を作成すると、全体が一つの贈与契約として課税される可能性がありますので、贈与契約書は毎年、作成するようにしましょう。

dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 11:54| Comment(0) | 日記

2022年07月20日

いのちの輝きくんとミャクミャク様との違いは何?

どうも、企画部です。

大阪万博の事はあまり詳しくないのですが、2025年に再度やるみたいです。
で、その公式ロゴマークが「いのちの輝きくん」なんですよね。
https://www.expo2025.or.jp/overview/logomark/
※企業も利用申請すれば画像が使えるんだけど、制約が多いからリンクにしときました。

何ていうか、何でそれにした? って正直思いました。
ネット界隈でも「なんてものを生み出してしまったんだ」的なノリで、いじくりまわされていましたね。
まぁ、コンセプトとかちゃんと読むと、しっかり考えられて作られて、選考されているんですけれども。
ただ、あまりにインパクトが強すぎるロゴマークでしょ。


で、その後に、「公式キャラクターを選んだよ!」ってなったわけです。
https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220322/

コンセプトとして「いのちの輝きくんをそのまま使えないかしら」という事で、デザイナーさんがうまいこと悪魔合体して作成したのがこの候補Cさんです。

ちなみに今回の選定にあたり、知的財産関連調査をしっかり行っている事が書かれているあたり、過去の大きい大会でのゴタゴタを反省の糧にしているんだなぁという印象が強かったです。

そしてこの候補Cさんの愛称を公募して、決まったのが「ミャクミャク」です。
なんという名前になったんだ、絶対「ミャクミャク様」って呼んでしまう。
そしてネット上ではすでに「ミャクミャク様」を崇め奉り、怪異から荒神へと扱いが変わっております。さすが八百万。こいつが紛れていても何ら違和感が無いぜ。

とまあ、あらぬ方向にバズっている気がしますが、ロゴマークからしてこのような流れは選定委員会が予期しているトコロなのではないでしょうか。

まとめ
2025年の関西大阪万博の
ロゴマーク:いのちの輝きくん
公式キャラクター:ミャクミャク様


という事です。どっちも(謎の)生き物っぽいんで、キャラかなーと思われがちですが、いのちの輝きくんはあくまでもロゴマークです。

あと、現状で特筆すべきは万博のWebサイトのデザインがめちゃくちゃ良い事。
https://www.expo2025.or.jp/
赤青グレーの3カラーで構成されているんですが、無理がなくすごく見やすいです。

新型コロナウイルス感染症が落ち着いて、国際情勢も落ち着いて、みんなが楽しく万博に挑めるようになるといいですね。

企画部 天野
posted by MMIスタッフ at 16:38| Comment(0) | 日記

2022年07月12日

金地金の譲渡所得課税

 世界的な資源価格の高騰で、金相場はうなぎのぼりです。相続で取得した金地金を換金して生活費の補てんにあてたいとき、売却代金に対する税金と、保険料の負担が気になるところです。

譲渡所得に課税
 金地金の売却は、建物、株式の売却と同様に、譲渡所得に課税されます。譲渡所得は、金地金の売却代金から取得費(取得時の手数料を含めます)と譲渡費用を控除し、さらに最大50万円の特別控除を行い、所有期間が5年を超える譲渡は、その2分の1を事業所得や給与所得など、他の所得と合算して総合課税の対象となります。
 なお、相続税の申告期限から3年以内の売却であれば、相続税の一部を取得費に加算する特例があります。

相続税と譲渡所得税は、2重課税?
 金地金を相続したとき、相続税がかかったのに、売却するときに譲渡所得に課税されるのは、2重課税ではないかと思うかもしれません。しかし、相続税は、取得した財産に相続時の時価で課税され、譲渡所得は、財産の売却により実現したキャピタルゲインに課税されますので、2重課税とはならないとされています。

取得価額が不明のときの概算取得費
 譲渡所得は、財産を取得してから売却するまでに増加したキャピタルゲインに課税されますので、被相続人の取得価額を使用することになります。このとき、被相続人の取得時の記録が何も残っていない場合、売却価額の5%相当額を取得費(概算取得費)として譲渡所得を計算できます。
 なお、金地金を購入した店がわかれば、購入履歴が残されている場合もあります。もし、記録がない場合は、金地金に刻印された製造番号から製造時期の相場を調べることもできるかもしれません。金相場は、ここ20年、右肩上がりで推移しており、取得時期は製造時期より後になりますから、製造時期の取得価額が5%相当額(概算取得費)より高ければ、取得費として使える可能性もあります。

翌年の保険料の負担に注意!
 譲渡所得は、総所得金額や合計所得金額に含まれますので、翌年の国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料が増加します。保険料の算定式は、市区町村で公開されています。売却収入に対し、手取り額がいくらになるか、事前に調べておきましょう。

dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 17:03| Comment(0) | 日記