2019年06月26日

天災に対する警戒が5段階のレベルになりましたね

どうも、業務サービス部です。
我々は社員のみんなやご来社頂いた皆さまを、災害から守る役割も担っているのですよ。
まあ、そんな事態が発生しない方が良いわけなんですが、万が一起きたとしても冷静に対応できるように、日ごろから情報収集や訓練もしっかりしてるです。マジで防災センターとか消防署の訓練とか出てます。

そんな訳で今回は警報のレベルが分けられたよってお話しです。
ちょっと前までは警報の凄いやつ版の「特別警報」ってのが新設されて、
流石特別だぜ、出たらもれなく川が溢れたり山が崩れたりするじゃん、ってなってましたよね。

ただ、今までの感覚だと、「大雨警報」とかだと「ああ、凄い降るんだなぁ、ガケとか用水路に気をつけとこ」みたいな感じがあったじゃないですか。
で、その後特別警報が出ても、もう逃げられないくらい状況が悪化しちゃってます、みたいな。

そんなわけで、気象庁発令の警戒レベルの細分化が行われたみたいです。
全体で5段階ですね。

レベル1 早期注意情報
これからマズい事がおこるかもしれんね、
注意しといてねというお知らせレベル。

レベル2 注意報
前と変わらない注意報。
もしかするとひどくなるかもしれないので、避難経路とか確認しとこうレベル。

レベル3 警報
従来の警報。レベル2の河川だと「氾濫注意情報」だったのが
「氾濫警戒情報」になったり、緊迫度が増します。
このレベルで、地区町村は高齢者や要介護者に
避難準備や避難開始を呼びかける場合があります。

レベル4 警報
新たに新設された「ヤバい方の警報」。
土砂災害警戒情報や氾濫危険情報が出て、
市区町村は避難勧告や避難指示(緊急)を出します。
つまり、これが出たら逃げないとまずいです。

レベル5 特別警報
すでに災害が発生しているレベル。
逃げるのも危険になっている可能性があるので、
命を守る最善の行動をしよう。


という訳で、レベル4が出来た事によって、
特別警報が出る前に逃げられる余地を作った感じですね。
また、「避難勧告」と「避難指示」はどっちがヤバいのか分かり辛いという声を受けて、
避難指示には(緊急)を付けるルールになったようです。

尚、避難勧告や避難指示には法的拘束力はありません。
罰則は無いという事ですね。
避難指示の先の段階として、「警戒区域の設定」がありまして、
こちらは法的拘束力があります。立ち入りの制限・禁止、
区域からの退去を命ずる事ができるようになりまして、
こちらは従わないと拘留や罰金を喰らいます。


これから、梅雨・台風・ゲリラ豪雨と、災害が多くなる時期でもございます。
皆さんも、家や会社の周りのハザードマップを確認するなどして、
「万が一の時も大丈夫!」と胸を張れるようにしましょう。

参考:気象庁 防災気象情報と警戒レベルとの対応について
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/alertlevel.html


業務サービス部 天野
posted by MMIスタッフ at 16:56| Comment(0) | 日記

2019年06月21日

相続時精算課税と暦年贈与

 相続税対策の一つとして、生前に財産を贈与する際、2,500万円控除の「相続時精算課税制度」と、年110万円控除の「暦年贈与」を、皆さんはどのように比較検討されていますか?
 今回は、相続時精算課税制度の特徴とメリット・デメリットをまとめました。

相続時精算課税とは
 まず相続時精算課税とは、財産をあげる人が60歳以上、財産をもらう人が20歳以上で、一定の直系親族の関係である場合に2,500万円までは贈与税がかからない、という制度です。2,500万円を超える部分については、一律20%の贈与税がかかります。

特徴 ≒ 注意点!?
 その名の通り、相続時に精算するのが「相続時精算課税制度」。この制度を適用して生前に贈与でもらった財産は、相続が起きたときに、相続でもらったものとみなして相続税の計算に入れます。そして最大の特徴は、この制度を適用すると途中で撤回できない、ということです。

相続時精算課税と暦年贈与は選択適用
 相続時精算課税と暦年贈与は、併用はできません。一度、相続時精算課税制度を適用する届出書を提出すると、生涯にわたり、その制度を適用することになり、暦年贈与に戻ることはできません。財産をあげた人ともらった人の組み合わせにつき、一生涯のうち2,500万円までは贈与税がかからないのが、相続時精算課税制度。これに対し暦年贈与は、もらった人につき毎年110万円までは贈与税がかかりません。

相続時精算課税のメリット・デメリット
 相続時精算課税のメリットは、相続税の計算の際、贈与時の価額で計算をするため、株式などの将来値上がりするものに対しては生前対策として有効なことです。また収益物件であれば、贈与後は財産をもらった人の収益になるので、生前対策の一つに使えます。住宅資金贈与の非課税枠と併用する方法もあり、一度に多額の贈与をする場合にはメリットがあります。
 デメリットとして、暦年贈与は相続開始前3年以内の贈与でない限り相続税の計算に入れる必要はないのに対し、相続時精算課税でもらった贈与財産は相続税の計算に必ず入れる必要があります。相続時に物納や小規模宅地等の特例が使えないなどのデメリットもあります。

dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 16:51| Comment(0) | 日記

2019年06月14日

オリンピックまであと何日なんですか?

どうも、業務サービス部です。

いつの間にか気がついたらオリンピックのチケットの予約抽選申込が終わっていますね。
何かしら見たいなぁと思ってたんですが、当日券とかってあるんでしょうか。
個人的にちょっとメジャーでないけど楽しい競技をご紹介したいと思います。

ホッケー
アイスじゃない方のホッケーです。コートの中でスティックを使ってボールをはじき、相手ゴールにシュート。得点の多い方が勝ちです。サッカーをスティックでする版みたいなやつ。
激しい運動量とめまぐるしいボールの移動、ポジショニングとスティックさばき、見るところが多い競技でございますので、ぜひ一度眺めていただきたい。

馬術
まさに人馬一体のスポーツです。障害馬術・馬場馬術・総合馬術と3種類の種目があるのですが、特に注目したいのは総合馬術にだけ入っている「クロスカントリー」という種目です。
池とか藪とか自然を生かしたコースを疾走ジャンプしまくる種目なんですが、ベリーハードな調整をするらしく、2大会前だったかな、たぶんロンドンオリンピックをネット中継で見てたんですが、ムチャクチャ落馬が多くて、ホントに完走できるコースなの?! とハラハラして見ていた記憶があります。

ヨット
結構な距離を結構なスピードで駆け抜ける競技ですね。
風を読み、ルート取りを決めるのが上手い人は、きっと祖先は船乗りさんなのでしょう。
ヘリからの俯瞰が綺麗な絵です。そういう点でオススメ。

まだまだ色々な競技がありますが、せっかくのオリンピックですから、ちょっと知らない競技についても、調べたり・見てみたりすると楽しいですよ!

業務サービス部 天野
posted by MMIスタッフ at 16:00| Comment(0) | 日記