2017年03月29日

株式投資信託 個別元本と取得価額

 株式投資信託(追加型)の課税実務においては、「個別元本」と「取得価額」の二つの数字が出てきます。

●個別元本とは
 個別元本は、投資信託を購入した時の時価で、それは「購入価額」のことです。株式であれば「株価」に相当するものですが、投資信託の場合は「基準価額」となります。
具体的には、ファンドに組み入れられた株式や債券などの資産の時価総額を受益権口数で割った一口当たりの純資産価額のことです。通常、投資信託は設定時点の基準価額を1万円として販売しています。

●取得価額とは
 一方、取得価額は、個別元本に販売手数料(税込)を加えたものです。
 例えば、個別元本が9000円で販売手数料3.24%の場合、取得価額は9000円+291円で9291円となります。
 それでは、この二つの金額が課税実務でどのような違いを生むのかを整理してみます。

●特別分配金では個別元本を使用
 特別分配金の計算をする場合には、個別元本を使用します。特別分配金は、分配金を支払った後の基準価額が個別元本を下回る場合、その下回った額の部分を指します。
 先の例では、個別元本9000円、分配金支払い後の基準価額が8800円、分配金が300円とすれば、特別分配金は200円、普通分配金は100円となります。この普通分配金は、配当所得として課税の対象になりますが、特別分配金は、「元本の払い戻し」に相当しますので課税対象外です。

●特別分配金による修正
 しかし、特別分配金が支払われると、個別元本と取得価額は特別分配金の金額だけ修正されます。
 先の例では、個別元本は8800円、取得価額は9091円となります。

●譲渡損益では取得価額を使用
 投資信託を売却して譲渡損益を確定する際には、取得価額を使用します。
先の例で、ファンドの運用が良好で譲渡時には基準価額が10500円になっていれば、譲渡益は10500円−9091円で1409円となります。
 なお、特定口座では、これらの計算結果を取引報告書に掲載してくれていますので、自身で計算することはありません。


dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 16:52| Comment(0) | 日記

2017年03月22日

総勘定元帳をお渡しする際に紙かCDかを選べる地味にうれしいサービスをしている税理士法人

それが我々、税理士法人エム・エム・アイです!!

いや、そんなに大々的とか革新的なサービスでは全くないのですが、
近年になってPC普及率が高年齢層にも高まったのを鑑みて、
決算後にお渡しする総勘定元帳を従来の紙にプリントして綴りにしてお渡しするか、
CD-Rにデータ入れてお渡しするサービスが選べるようになってます。

motocho.jpg
これが元帳ラベル作成プログラムだ!!
とは言ってもただのプリンタについてきたオマケソフトなんですが。


紙の方が見やすいよって会社様には紙で、
場所取るししょっちゅう閲覧しないからCDでいいよって会社様にはCD-Rでお渡ししてます。

画一的なサービス展開で全部CDねってした方が楽っちゃ楽ですが、
それだとお客様が困るじゃないですか。
スタンスはお客様が決めるべきなので、我々は選択肢を用意しています。
お勧めされたらCD-Rを推しますが(笑)

こういう気遣いが「あら、親切なのね」っていう評価につながるとうれしいなぁと。
そんな感じで今日もCD焼いてます。


業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 16:57| Comment(0) | 日記

2017年03月17日

確定申告期限が過ぎました


皆さまの資料をお返ししたり、総勘定元帳をお渡ししたりと、
依然慌ただしい日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?

ちなみに確定申告期限は3/15なのですが、
これは納税がある方が守らなければならない期限です。
還付や納付が無い方は、遡って5年は申告可能で、
そもそも払うべき税金が無いわけですから、罰則は特に無いわけです。
納税がある方は、払うべき期日までに払わないと、延滞税がかかるので要注意です。

ただまぁ、住民税の計算等に影響を及ぼすので、6月からの住民税を
きっちり確定申告の額面反映させて払った方がスッキリする気がしますね。

ちなみに、「計算間違ってた!」という場合、
税金が増えるのを出す手続きは「修正申告」と言い、
税金が減るのを出す手続きは「更正の請求」と言います。
どっちも専用書類がありますんで、弊社御関与先様は担当者に、
ふらりとこのブログにお越しの方は、もしくは税務署さんに聞いてみて下さい。

しかし花粉が多いですね。早く終わらないかなぁ。


業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 15:21| Comment(0) | 日記