2018年04月16日

平成30年の配偶者(特別)控除の変更とふるさと納税の計算について

どうも、ふるさと納税やってます? お問い合わせ担当です。

関連するトピック
住宅ローン控除がある場合の計算の見方
給与収入以外を無理やり計算する方法(記事中ごろから)
確定申告すると戻る金額が悪くなる現象の解説(所得税率の低下)


平成30年の配偶者控除と配偶者特別控除の額が、
何というか超複雑になりまして。
税金の額で自己負担が2,000円で済む控除上限金額が決まるふるさと納税にも影響があるんですが、

29年版の弊社作成のシミュレーションでそのまま計算すると、
間違いが出てしまうお客様がいらっしゃいます。

今一生懸命担当者が控除シミュレーション作り直してるんで、
申し訳ないのですが、現状急場しのぎの対応策をここでご紹介しときます。


※注意 この記事は「平成29年のシミュレーションで無理やり平成30年の控除上限を出す方法」です。
平成30年版のシミュレーションが出来ましたら、この記事の方法は必要ありません。



1.まず、平成29年版のシミュレーションを用意

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation
ふるさとチョイス様の「控除額計算シートダウンロード」
もしくはエムエムアイのWebに置いてあるシート、いずれかを用意しましょう。

2.弄る部分は「配偶者の給与収入」と「社会保険料等の金額」です!

配偶者1.jpg

配偶者控除もしくは配偶者特別控除は、今までは「配偶者の稼ぎ」で控除の額が決まっていましたが、
この度晴れて「本人の収入(所得)の額」でも上下が付きました。
すごいめんどくさくなった改正なんですよ……。

いや、不平不満ばかり言っても仕方ない。
ちょっと数字を弄れば29年版の計算シミュレーションでも
だいたい計算できちゃいますので頑張ってみましょう。

これが超重要! 配偶者控除・特別控除のテーブル表
配偶者控除の表.jpg
※クリックすると別窓で拡大した画像が出ます

ややこしいですが、左の並びが「計算したい人の給与収入」で、上の並びが「配偶者の給与収入」です。

緑色に塗っているところに該当する人は「去年と何ら変更は無いので数字を弄る必要無し」です。

例えば表で言うと左上、
本人収入が1120万円以下で、配偶者の人の収入が103万円以下なら、
去年と控除は変わらないので、弄る必要が無いって事ですね。

表の黄色部分の人は弄る必要があります。

例:本人給与収入が1150万円、奥さんの給与収入が159万円、
15歳以下の子供が1人居て、社会保険料控除が120万円、生保控除が5万円の人の場合


まず計算シートの「配偶者の給与収入」を「300万円」と入力しときましょう。
300万1.jpg

上記処理で「配偶者控除・配偶者特別控除は無いのだな」とシートが自動判別します。
シートの下の方のお客様は本来入力しない「計算欄」で、配偶者控除・特別控除の判定が見れますよ。
300万2.jpg

※実は例示の人の場合は配偶者の収入を弄る必要はないのですが、
他のケースの人だと誤りになってしまう場合があるので、予防措置的な手順です。


「社会保険料等の金額」に「配偶者控除・特別控除」のテーブルごとの金額を足す!

さて、本人1150万円、配偶者159万円のテーブルですと、配偶者特別控除は
配偶者控除の表2.jpg

21万円ですね。前の手順で「配偶者控除・特別控除」の金額は0円にしているので、
所得控除に21万円追加してやれば大体いい感じに計算できるので、
「社会保険料等の金額」に21万円を足しちゃいましょう
141万.jpg

はい、これでOK。
「2000円を除いた額の全体が税金から軽減となる寄附金の上限額の算出」は、
227,055円と出るはずです。

ちなみに「配偶者の給与収入」を159万円として、
「社会保険料等の金額」を120万円として計算すると、
29年版シミュレーションでは233,369円と出てしまうです。

ご迷惑をかけて申し訳ございませんが、
30年版が出るまで上記方法で計算していただけると助かります。

注意:住民税の控除の減額を考慮していないので、上記の帳尻合わせ方法だと、ほんのちょっとだけ齟齬が出る場合があります。ただ29年版の計算をそのまま適用するよりはずっと良いですね。


オレンジの人の場合:手順は「配偶者の給与収入」に300万円、と入力。
これだけでOKです。

posted by MMIスタッフ at 17:09| Comment(0) | ふるさと納税

2018年04月10日

法定相続情報証明制度とは

所有者不明の不動産が増加中
 近年、相続が発生しても新しい所有者へ所有権を移転させる相続登記が行われず、所有者不明の不動産が増加していることが社会問題になっています。この問題を解消するため、様々な取り組みが検討されていますが、昨年から始まった「法定相続情報証明制度」もそのひとつです。

法定相続情報証明制度とは
 被相続人が死亡し相続が発生した場合の手続きは、相続登記だけに限りません。金融機関における預貯金・有価証券の名義変更や払戻手続き、保険請求手続きなど、相続にまつわる手続きは様々です。これらの各種手続きを行うためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本など、相続関係を証明する資料一式を、手続きの都度原本で提出しなければならず、相続人にとって大きな負担になっていました。
 こうした負担を軽減し、相続登記を促進しようと始まったのが「法定相続情報証明制度」です。相続人が法務局に相続関係を証明する戸籍謄本や必要書類とともに、相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すると、以降は、法務局がこの図の写しを戸籍上の法定相続人の証明書として発行してくれるというものです。この証明書を各種相続手続きに利用することにより、相続人や金融機関等の負担軽減につながることが期待されます。

今後さらなる改善の見込み
 しかしながらこの証明書、現状は被相続人の子について、実子・養子の別や続柄については基本的に記載せず「子」としてのみ表示されている点など、情報量の不足も指摘されており、現在、記載内容等の見直しが進められています。既に法務省による意見募集が終了しており、今後さらなる改善が見込まれています。
 戸籍謄本など相続関係を証明する資料一式が必要な相続手続きを、複数の機関で行う場合に、できるだけ費用をかけず、かつできるだけ短期間で行えるのがこの制度のメリットです。制度を有効活用し、相続手続きの負担をできるだけ最小限にとどめたいですね。


dailyコラムより
posted by MMIスタッフ at 16:20| Comment(0) | 日記

2018年04月03日

お花見がまだの方はいそいでエムエムアイへ!

どうも、業務サービスです。

東京では、ソメイヨシノの花はピークを過ぎました。
だがしかし、今は弊社の前の八重桜が満開です。

八重桜は結構種類が多く、
あんぱんとかに付いてる赤の強い「関山(かんざん」や
うっすらと赤が差している、めしべが特徴的な「普賢象(ふげんそう」、
外側が薄桃色で内側になるほど白色が強くなる「一葉(いちよう」など、
色やカタチに特長があり、それそれによさがあります。

さて、弊社の前の長細い公園(?)の周りには、八重桜がいっぱい植えてありまして、
この時期はそりゃもう見事な花を咲かせています。
上記の2・3種類(実はあんまり違いがわからないのでとりあえず2色は咲いてます)が
弊社の近くで楽しめますから、ぜひこの時期には弊社の周りを散策等していただければと思います。

この花が咲くと、春も中ごろ、そろそろ初夏に季節が向かっていくのを実感します。
なんかもう日々あわあわしていると、時間がたつのが早いですねぇ……。

業務サービス部 天野正也
posted by MMIスタッフ at 17:13| Comment(0) | 日記